iD(アイディ)がApplePayの登場で人気の電子マネーに。dポイントとの連携が◎。

電子マネー「iD(アイディ)」とは?

iD(アイディ)はNTTドコモが立ち上げたおサイフケータイに特化したクレジットカードブランドです。

最近ではNTTドコモが運営している「dポイント」の人気が高く、スマホでの「Applepay」も簡単に利用できるようになったことから、ドコモの電子マネー「iD」も人気が高くなっています。

「iD」はポストペイ(後払い)方式がメインなので、チャージの必要はありませんが、「iD」を利用するためには「iD」が利用可能なクレジットカードサービスへの加入が必要となります。

iD(アイディ)のお得で便利な使い方

iD(アイディ)を利用すれば全国80万件以上の店舗やタクシーなど各種シーンでキャッシュレス決済が可能です。

特にスマホがドコモの方、ご自宅のインターネット回線がドコモ光などNTT系の光コラボを利用している方はポイント付与のメリットがありますね。

iDの利用でポイントが貯まるというよりは、iDを利用したクレジットカードのポイントプログラムが貯まるという認識です。

iDと連携しているクレジットカードでは「dカード」と「三井住友カード」が最もおすすめです。

特に「dカード」はドコモが独自のポイントプログラム「dポイント」を展開しており、ポイントが貯めやすいですね。

iD(アイディ)のアプリ

iDアプリ

ドコモ販売のスマホにはiD(アイディ)アプリが搭載されています。
iDアプリを起動し、カード情報を設定することで、スマホでiD(アイディ)でのキャッシュレス決済が可能になります。

Apple Pay

主にiPhone、AppleWatchなどで利用しているApplepayアプリで利用しているiDを登録できます。

登録後はレジ決済でiPhoneをかざすことでキャッシュレス決済が可能です。

iD(アイディ)を使うメリット

iD(アイディ)はiPhoneのApplePayが搭載される&NTTドコモの「dカード/dポイント」の展開から急激にシェアを伸ばしています。

iPhone利用で、dカードを利用しているという方、ドコモのスマホやインターネット回線を利用しているという方はポイント還元の面からもお得が多いです。

iD(アイディ)でお得なクレジットカード

dカード

dポイントが100円=1ポイントが貯まるので、ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。ローソンでの利用でポイントも倍付けで貯まります。

他にもdポイント加盟店では、dポイントが1%還元な上、カード利用なら更に1%還元されます。二重取りがしやすいんですね。

実質年会費が無料になるというメリットもあります。また、ドコモスマホ、ドコモガラケーの支払い、ドコモ光の料金も還元されるので、ドコモユーザーの方にオススメです。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは、幅広いラインナップがあり、年会費無料の三井住友VISAカード「U-Zu」や国内外で使えるゴールドカードもあります。

三井住友VISAカードは各社との提携が多いので各社ポイント同士の交換も可能です。

 

 

お役に立てたらシェアをお願いします!